ハワイ語の意味を調べよう

・このハワイ語の意味は? ・これはハワイ語で何という?

ハワイ語に使われるアルファベットは13個

ハワイ語はアルファベットを使いますが、ハワイ語でつかわれるのは13文字です。

母音A(ア) E(エ) I(イ) O(オ) U(ウ)
子音h(へ) k(ケ)  l(ラ) m(ム) n(ヌ) p(ピ) w(ヴェ) ‘

発音は基本的にはローマ字読みをすればOKです。
※「w」は「v」と発音します。「‘(オキナ)」は子音に含まれます。

オキナとカハコーって何?

また、オキナ「‘」と呼ばれる吃音、カハコー「 ¯ 」と呼ばれる、音を強調し長目に発音する記号をアルファベットと組み合わせて使います。

例えば、ono(オノ)は「魚の名」ですが、オキナ「‘」が付いた‘ono(オーノ)は「おいしい」という意味になります。

onoの意味

Hawaii も 本来は Hawaiʻi です。

発音は「ハワイイ」の最後の「イイ」で少しひっかかるように「イィイ」となり、また「w」は「v」と発音するので、「ハヴァイィイ」のようになります。

当サイトでは、オキナ「‘」とカハコー「 ¯ 」が先頭に付くハワイ語は、アルファベット検索のために、通常のアルファベットで表記した後に[ ]で囲み正しいハワイ語で表記しています。
例:ohana [‘ohana]

ハワイ語の歴史

ペトログリフ

ハワイ語はオーストロネシア語族に属する言語です。オーストロネシア語族とは、太平洋を中心に、西はマダガスカル島から東はイースター島、北は台湾やハワイから南はニュージーランドと、最大の範囲に広がる語族です。古代ハワイの人は、カヌーを使って、太平洋の大海原の島々を行き来していました。

ハワイの人たちは長い歴史の中で文字を持たず、何世代にも渡って口から口へと口頭言語であり、宗教、伝統、歴史など、語り伝えられた神話・伝説の中に存在しました。詩の抑揚や体の動きによって語り継がれたのです。

ジェームズ・クック来島後、宣教師がハワイに来るようになります。彼らの目的は、布教活動なので聖書をハワイ語に翻訳することが必要になります。ハワイ語を聞いて、ラテン語表記のアルファベットで表したのが、ハワイ語の文字のはじまりと言われています。

ハワイ王朝の紋章

1834年には、最初のハワイ語新聞「KA LAMA HAWAII (ラマ ハワイ)」が発刊されます。ハワイ語は政治、新聞、書物などにも広く使われるようになりました。

しかし、ハワイ王朝の崩壊後、ハワイはアメリカ合衆国に併合されるなどの歴史背景により、ハワイ語を使うことさえ規制され、ハワイ語新聞「カ・ホク・オ・ハワイ」(ハワイの星)は廃刊、ハワイ語は衰退の一途をたどり、ハワイ語を話せる人が少なくなってしまいました。

カメハメハスクール

1970年代になると、ハワイアンのアイデンティティを守るため、ハワイアンルネッサンスの動きが活発になります。1978年にはハワイ州では英語に並び、ハワイ語も公用語と認定され、学校の必須科目にもなりました。

ハワイアン航空では、ハワイ語の認定制度を導入しています。

ハワイのハイスクールの生徒たち

ハワイの子供たちにハワイの文化や歴史を教え、ハワイ語を学ぶ人が増え、人々の生活にハワイ語は今も生き続けています。